青ひげの消し方

自分でできる青ひげ対策教えます!

ホルモンバランスの乱れで濃くなった青ひげは元に戻るの?

公開日:

woman_02

女性によくある症状で、ホルモンバランスの乱れによって急にひげや体毛が濃くなることがあります。

・精神的なストレスを抱えている
・妊娠、出産を経験した
・更年期障害になった

このようなときは、ホルモンバランスが崩れやすく、特に女性ホルモンが減少して男性ホルモンの働きが目立つようになると、口元にひげ(うぶ毛)が生えてきたりします。

ホルモンバランスの乱れは、原因となっているストレスや出産が終われば解消されますが、一度濃くなったムダ毛はどうなるのでしょうか?

一度濃くなったムダ毛は薄くならない

残念ながら、一度濃くなったムダ毛はそのままでは薄くなりません。

男性ホルモンの働きは、ムダ毛を発毛する「スイッチ」みたいな役割です。一度発毛のスイッチが入った部位は、女性ホルモンが増加してホルモンバランスが元に戻っても、そのまま生え続けます。

このとき女性の場合は、口元のひげが濃くなりやすく、口の周りが青ひげや黒ずみになってしまうわけです。

濃くなったひげを薄くする方法

一度濃くなったひげはそのままでは薄くなりません。
青ひげ対策・黒ずみ対策をしないと生え続けます。

青ひげや黒ずみをなくすためには、

・脱毛サロンで脱毛する
・自分でローションで薄くする

上記2つの方法しかありません。

脱毛サロンで脱毛する

woman_03

一番確実な方法が、脱毛サロンで脱毛することです。

脱毛サロンで脱毛してしまえば、ひげが生えてくることがなくなります。ひげが生えなければ青ひげになることもないし、毛穴の黒ずみが残ることもありません。

毛抜きやカミソリで剃ると、肌荒れして肌が汚くなる原因になってしまいますが、ひげが生えなくなればそういった心配もありません。

一番確実な方法ですが、脱毛サロンでの脱毛は

・ひげが生えなくなるまで時間がかかる
・お金がかかる

といったデメリットもあります。
また稀に脱毛の光やレーザーが肌に合わなくて、肌荒れしてしまう人もいるようです。

脱毛をするときは、メリット・デメリットをよく把握してから受けたほうがいいでしょう。
▼女性の脱毛の参考サイト▼
肌に優しい全身脱毛 | 失敗しない脱毛サロンの選び方おしえます!

自分でローションで薄くする

woman_04

自分でできる青ひげ対策として、抑毛効果のある脱毛ローションでケアする方法があります。

塗ってすぐに薄くなるわけではありませんが、ひげのお手入れ・毎日の洗顔後に塗ることで、徐々にひげが薄くなっていきます。

ひげが薄くなることで、青ひげが黒い感じが目立たなくなってくるし、ローションに含まれる美容成分が浸透して、キメ細かくツルスベの肌を保ってくれます。

効果がでるまで2,3ヶ月かかりますが、自分で青ひげを何とかしたいという人にはおすすめのケア方法です。

おすすめローション「パイナップル豆乳ローション」

ムダ毛ケアでおすすめのローションが「パイナップル豆乳ローション」です。

pinelotion

豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」の効果で、毛乳頭に直接働きかけてムダ毛の発毛を抑えます。また、ローションに配合されている「パイナップルエキス」の効果で、毛穴の奥深くまで抑毛成分が届く浸透力もあります。

肌に優しい美容成分が配合されているため、自己処理で荒れた肌をケアしてツルスベ肌をキープする効果もあります。

抑毛効果・浸透力・肌ケアと三拍子そろった総合力No.1の脱毛ローションです。

< 価格 >
1本(100ml):2,700円
※朝晩顔に塗って約1ヶ月分。

パイナップル豆乳ローションは「定期購入」のコースがおすすめです。

初回半額の1,350円で購入できて、しかも2回目以降の解約が自由なので、1本購入してそのまま解約することも可能です。

※公式サイトよりpine_teiki

とりあえず1本試したいという人も、半額で購入できる定期コースの注文がお得でおすすめですよ!

▼初回半額になるパイナップル豆乳ローションの注文はコチラ▼【パイナップル豆乳ローション】定期購入

 

 - ホルモンバランスの乱れ, 女性の青ひげ


ページ上部へ