青ひげの消し方

自分でできる青ひげ対策教えます!

ひげのレーザー脱毛で肌のダメージはかなりあるの?

公開日:

ヒゲ脱毛を考えるとき、肌のダメージが気になります。

man_kaohige

医療レーザー脱毛も光脱毛も
「黒色に反応するレーザーを照射して、ひげが焼ける熱を利用して毛乳頭や毛母細胞を破壊して脱毛する」方法です。

焼ける熱を利用?
ってことは、相当高温になるってことですよね。
一瞬でも高温になるのだから、肌のやけどとかダメージとか気になります。僕が脱毛を初めて調べた時も「肌のダメージ」が一番気になりました。

せっかく髭がなくなってキレイになっても、肌荒れしたりダメージが強かったらちょっと躊躇してしまいます。

髭が焼けるからやっぱり痛い

ヒゲ脱毛は痛いです。めっちゃ痛いです。
最近ではネットで調べても正しい情報が出てくるようになりましたが、ヒゲ脱毛はかなりの痛みです。髭が焼けるのだから痛みもありますよね。当然。

ジンジンと痛みが続くわけじゃないけど、レーザーを照射する一瞬は痛いです。
髭が一番濃くて敏感な鼻下は涙がでる痛さです。

それでも「これで煩わしいひげ剃りも、カッコ悪い青ひげの無くなる!」と思えば我慢できる痛みだし、脱毛3回目くらいからは痛みも弱くなっていくんですけどね。

気になる肌へのダメージは?

それだけ痛みがあるのだから、肌にもダメージはあります。
ただ、痛みの強さに比べれば、肌への影響は全然ありません。肌が荒れるとか赤みが残るなんてこともありません。

なんで、痛みの割にダメージが少なく済むのでしょうか?

毛穴だけピンポイントで反応する

レーザーの照射で反応するのは、毛穴のひげの黒い部分だけです。
一瞬の高温にさらされるのも毛穴の中だけで、肌表面がダメージを受けるわけではありません。

そのため、脱毛直後は毛穴が赤く腫れることもあるけど、肌表面が荒れたり赤く腫れるようなことはありません。

脱毛直後のアイシングがしっかりしている

最近の脱毛サロンやクリニックは、サービスが非常に充実しています。
事前のカウンセリングから脱毛直後のアフターケアまで、しっかりとした対応です。

脱毛直後のアイシングもそのひとつ。
炎症止めの軟膏を塗り、保冷剤などでしっかりアイシングするので、お店から帰るころには毛穴の腫れや赤みもほとんど消えています。

軟膏と塗って少しテカテカしてるかもしれないけど、パッと見て脱毛を受けた後にはとても見えません。それほど脱毛直後からキレイな肌になっているということです。

一時的に肌がゴツゴツするかもしれません

僕の場合、肌荒れというよりも、脱毛してから3,4週間後くらいに、一時的に肌がゴツゴツした時期があります。

最初のヒゲ脱毛から3回目くらいまでは、脱毛後3,4週間後に肌がゴツゴツして髭が剃りにくくなりました。

ヒゲ脱毛の最初のうちは、まだまだ脱毛が不完全です。しばらくすると髭がまた生えてきます。
そのときに、毛穴が少し締まって、生えてきた髭が肌を盛り上げるので、ヒゲ脱毛後に肌がゴツゴツしてくるわけです。

放っておけば治るし、髭が薄くなってくる3回目以降くらいからは、肌のゴツゴツもなくなって、脱毛した後もツルリとしたキレイな肌になっていきます。

====

ヒゲ脱毛は痛いけど、肌のダメージはそれほどありません。
もちろん個人差があって、赤みが出やすい人もいますが、ほとんど1日経てばすっかり消えるレベルです。

ヒゲ脱毛すると、全体的に2,3週間くらい髭は生えてきません。
そこから脱毛しきれなかった髭が生えてきて、脱毛して・・・の繰り返しで徐々に生えない部分が増えてきて、最終的に髭が全く生えない状態になります。

僕は髭が完全に生えなくなるまで10回脱毛しました。
そのおかげで、脱毛してから5年経った今でも髭は全く生えてません。

痛みはあるけど、肌への影響は考えなくても大丈夫です。
ヒゲ脱毛すると、髭がなくなって青ひげもなくなるし、ひげ剃りのダメージもなくなるから肌はどんどんキレイになっていきますよ。

 - 青ひげ対策, 脱毛サロンで脱毛する


ページ上部へ