青ひげの消し方

自分でできる青ひげ対策教えます!

カミソリ負けで肌が痛い!ヒリヒリさせない方法とは?

最終更新日: 公開日:

kamisorimake_01

髭を剃ったあとにヒリヒリ痛むカミソリ負け。嫌ですよね。

僕も髭が濃いときは、カミソリ負けが本当にストレスでした。

毎朝出勤前に髭を剃ると、お昼くらいまでの半日くらいはヒリヒリと顔が痛みます。ワイシャツの襟が肌に触れるたびに、ゾワゾワ~っとする痛みが走ってものすごく気持ち悪い感触でした。

ただでさえ青ひげでカッコ悪い思いをしているのに、なんでカミソリ負けの痛みで悩まなければならないんだ、と何度も思いました。

そもそも何でカミソリ負けが起こるのでしょうか?

全ては濃すぎる髭が原因

カミソリ負けはカミソリの刃が肌を剃ることで起こります。

肌の角質が髭と一緒に剃られて傷ついている状態。これがカミソリ負けでヒリヒリ痛む原因です。

ただ、誰でも起こるわけじゃなくて、肌の角質が強い人もいるからカミソリ負けにならない人もいます。

でも、カミソリ負けの原因のほとんどが肌の剃り過ぎ。

そして、肌を剃り過ぎてしまう原因は髭が濃いからです。

僕も肌はそんなに強くないですが、カミソリを1回当てるくらいならカミソリ負けにはなりません。

濃い髭を綺麗に剃ろうとして、何度も何度もカミソリを当てるからカミソリ負けになります。どんなに上手に髭を剃っても、髭が濃い人はその分カミソリが肌に当たる回数も多くなります。

だから髭が濃い男性はカミソリ負けで悩むことが多いんです。

カミソリで肌が荒れるから青ひげが濃くなるという悪循環

カミソリ負けで起こる弊害は痛みだけではありません。

カミソリ負けで肌が荒れてくると、肌がゴツゴツした感じになります。髭が濃い人特有のゴツゴツとした肌ですね。あれは髭剃りによる肌荒れが原因です。

肌がゴツゴツしてくると、カミソリの通りが悪くなるので髭が綺麗に剃れなくなります。

髭が綺麗に剃れないと、髭剃り後の青ひげがますます目立つようになります。

青ひげを目立たないように綺麗に剃っているのに、結果として青ひげを濃くしてしまうのだから、どうすることもできない悪循環ですよね。

カミソリ負けと肌荒れをケアするためにはローション

カミソリ負けの痛みとゴツゴツした肌荒れをケアするためには、アフターシェーブローションが効果的です。

肌荒れをケアしてヒリヒリとした痛みを抑えてくれるアフターローションですが、その中でもお勧めなのがトップページでもご紹介している「パイナップル豆乳ローション」です。

pinelotion

パイナップル豆乳ローションには、肌ケア効果のある美容成分が配合されているので、カミソリで傷ついた肌をしっとりケアしてくれます。

肌荒れがなくなってスベスベの綺麗な肌になるし、カミソリ負けによるヒリヒリとした痛みも治まります。

でも、それ以上に効果があるのが、パイナップル豆乳ローションの抑毛効果!

パイナップル豆乳ローションに含まれる「高濃度大豆イソフラボン」の作用で、髭が細く柔らかくなる効果があります。

pine_kouka

髭が細く柔らかくなると、カミソリの通りが良くなるので肌を傷めることがありません。硬い髭を剃る時よりも肌にかかる負担が少なくなります。

また、髭自体が細くなるから、青ひげが薄くなって目立ちにくくなります。

これがパイナップル豆乳ローションの効果です。

髭剃り後のヒリヒリとした痛みに悩んでいるのなら、ぜひパイナップル豆乳ローションを使ってみてください。

カミソリ負けの痛みがなくなるだけじゃなくて、肌も綺麗になるし何より青ひげが薄くなります。

髭で悩んでいた大部分の悩みが解決するはずですよ!

参考:パイナップル豆乳ローションの詳細と僕の体験談はコチラから

 

 - 青ひげ対策, カミソリ負け対策


ページ上部へ