青ひげの消し方

自分でできる青ひげ対策教えます!

【ひげが濃くなる年齢】ひげはいつまで濃くなるのか?

公開日:

aohige_nenrei

男性は思春期になると男性ホルモンの働きが活発になって、ひげや体毛が濃くなります。年齢でいうと15歳~20歳くらいまでです。

男性ホルモンの働きは人によって個人差があるのですが、男性ホルモンの量が多い人はこの時期に一気にひげが濃くなって、青ひげになったりします。

ただ、思春期を過ぎるとひげが濃くなるのが落ち着くかというとそうでもなくて、男性ホルモンの分泌量は年を重ねるごとに多くなって、ひげはどんどん濃くなっていきます。

では、具体的に何歳くらいまでひげは濃くなっていくのでしょうか?

ひげが濃くなる年齢

男性のひげが濃くなるのは、15歳~60歳くらいまでと言われています。

50歳60歳になってもひげが濃くなるの!?と驚かれた方もいると思いますが、実は、男性ホルモンが一番活発になるのは40代~50代の間です。

働き盛りの40代50代に頭髪が薄くなるのもこのためです。

もちろん人によって個人差はあるので、20代30代で濃くなったひげがそのままの濃さでいく人もいますが、大抵の男性は40代50代でひげも一番濃くなります。

40代50代は、肌自体も老化が進んで、シワ・シミが増えたり肌荒れもしやすくなるので、ゴツゴツとした肌に青ひげが目立つようになります。

青ひげ対策は何歳からしたらいいのか?

ヒゲ脱毛や脱毛ローションによる青ひげ対策。
何歳からしたらいいのか?と疑問に思う人も多いです。

おそらく「ヒゲ脱毛や脱毛ローションで対策しても、ひげが生えて青ひげに戻ってしまうのではないか?」という疑問からくることだと思います。

結論から言うと、自分の青ひげを何とかしたい!と思ったときに対策するのが一番です。

ヒゲ脱毛による効果は永久的

まず、一度ヒゲ脱毛で脱毛したひげは何年経っても生えてきません。

「脱毛しても生えてくる」と誤解してる人も多いですが、脱毛で破壊された発毛組織(毛乳頭・毛母細胞)からは二度とムダ毛は生えてきません。生えてきてしまうのは、発毛組織を完全に破壊しきれなかったからです。

もちろん脱毛方法によって脱毛効果は異なります。
脱毛効果(脱毛の強さ)・痛み・料金を考えた時に、確実に永久脱毛できるのは医療レーザー脱毛です。

光脱毛 医療レーザー脱毛 美容電気脱毛
脱毛効果 sankaku永久脱毛にならない nijuumaru永久脱毛になる hanamaru少ない回数で永久脱毛になる
痛み nijuumaru普通の痛み maru強い痛み sankaku我慢できない痛み
料金 maru回数制で10万~20万程度 hanamaru回数無制限があり10万前後 sankaku時間制で20万~30万

ヒゲ脱毛であれば、一度脱毛した毛穴からはひげは生えてこないので、若いうちに脱毛したからといって、40代50代で再び生えてくることはありません。青ひげのないキレイな肌が続きます。

脱毛ローションは使い続けることで効果がある

脱毛ローションによる青ひげ対策は、使い続けることで効果がでます。

pinelotion

ヒゲ脱毛のように即効性があるわけではありません。3ヶ月、半年と使い続けることで徐々にひげが薄くなっていって、青ひげが目立たなくなっていきます。

そのため、脱毛ローションも「青ひげを薄くしたい!」と思った瞬間から使いはじめるのがベストです。脱毛ローションが効いているうちは、40代50代とひげが一番濃くなる年齢になっても青ひげが濃くなることはありません。

ただし、脱毛ローションは使い続ける必要があるので、永久的に青ひげのない顔を持続したいのであれば、永久脱毛になるヒゲ脱毛の方が、ヒゲ剃りの煩わしさもなくなるし断然ラクですね。

当サイトおすすめの脱毛ローションはコチラ

 - 青ひげに関する情報


ページ上部へ