青ひげの消し方

自分でできる青ひげ対策教えます!

毎日の髭剃りは意外とお金がかかります

最終更新日: 公開日:

man_higesori_02

毎日の髭剃り、面倒ですよね。

青ひげになるほど髭の濃い人は、毎日の髭剃りも大変です。

しっかりキレイに剃ろうとすると髭剃りだけで10分以上はかかります。朝の10分、15分は貴重です。

しかも剃った後は青々とした青ひげになるし、人によってはカミソリ負けのヒリヒリとした痛みに耐えないといけない。

それだけでも嫌なのに、髭剃りグッズって意外とお金がかかります。

髭剃りグッズはお金がかかる

「エステサロンの脱毛や、脱毛ローションなどはお金がかかる」

お金の問題で、脱毛やローションを躊躇する人がいます。

でも、毎日の髭剃りだって意外とお金がかかってるんですよ。

カミソリやシェーバーにお金がかかる

man_higesori_03

髭を剃るためのカミソリやシェーバーにお金がかかります。

カミソリなら頻繁に刃の交換が必要だし、シェーバーもいい商品なら普通に2万円、3万円くらいはします。

髭が濃い人は、いいカミソリ、いいシェーバーじゃないと、髭もしっかり剃れません。

シェービングクリームやローションにお金がかかる

cream_01

カミソリやシェーバー以外にも、シェービングクリームやアフターローションにお金がかかります。

カミソリで髭を剃るときは、シェービングクリームやジェルが必要になります。

また、肌荒れ防止やカミソリ負けのケアにアフターローションも欠かせません。

こういった消耗品も地味にお金がかかります。

僕は「ただでさえ濃い髭が煩わしくてストレスなのに、なんで普通の人よりもお金がかかってるんだ!」といつも不満に感じていました。

髭が薄くなればお金がかからない

髭が薄くなると、髭剃りにかかるお金が少なくなります。

確かに脱毛したり、脱毛ローションを使えばその分お金がかかります。

ただ、その分、毎日の髭剃りにかかるお金がなくなります。

例えば僕の場合、パイナップル豆乳ローションやプレミアムアフターシェーブローションを使っています。

参考:パイナップル豆乳ローションの使用レビュー
参考:アフターシェーブローションの使用レビュー

この商品自体はお金がかかりますが、毎日のアフターローションの代わりなので、今までとそれほど変わりません。

脱毛ローションを使って髭が細くなることで、カミソリの消耗が抑えられます。シェービングジェルなどの消耗品の量も少なくなります。

エステサロンやクリニックの脱毛はもっと顕著です。

脱毛するときにお金はかかりますが、脱毛して髭が生えなくなれば、髭剃りは一切なくなります。

髭剃りのシェーバー、カミソリ、シェービングジェル、アフターローション、すべての髭剃りグッズのお金がかからなくなります。

例えば、毎年髭剃りグッズに2万円かかるとして、髭脱毛の値段が6万~7万円。3年ちょっとで元はとれて、あとはお金が一切かからない状態が続くわけです。

一生髭を剃り続けることが、いかにお金がかかるかってことですよね。

髭が薄くなることはお金以上の価値がある

今回はお金の比較だけを焦点にしてきましたが、脱毛したり脱毛ローションを使って髭を薄くすることには、お金以上の大きなメリットがあります。

それが、髭剃りの煩わしさ、青ひげのカッコ悪さから解放されることです。

僕の場合、脱毛ローションで髭が薄くなったことで以下のようなメリットがありました。

・髭剃りの時間が短縮された
・青ひげがなくなった
・髭が柔らかくなって肌がキレイになった
・カミソリ負けの痛みが和らいだ

これだけの悩みがあったのに、今は全く悩みはありません。

青々とした顔もなくなったし、ぼこぼことした汚い肌もない。カミソリ負けの痛みもないので、髭のストレスがほとんどありません。

脱毛と違って髭が生えなくなるわけではありませんが、自分が好きな時に伸ばせるので、今はこのスタイルが気に入っています。

濃い髭で悩んでいる人は、ぜひ脱毛ローションだけでも試してみてください。

髭のストレスから解放されることは、お金以上の価値がありますよ!

参考:おすすめの脱毛ローションランキングはコチラから

 

 - 青ひげのデメリット, お金がかかる


ページ上部へ